転職・退職の囲み記事

転職・退職の囲み記事

近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。

現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許権取得の経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。
転職・退職の囲み記事

今、私は派遣の会社に登録しています。

今、私は派遣会社に登録しています。ウェブサイトで気の向くままによさそうな仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもう他の方が採用されました」とお断りされてしまい瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報がなくなるのですが、翌日になれば再び載っています。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|再就職で勤め先を新しく替えるということは、自分に・・

転職によって仕事先を新しく替えるということは、自身に合う自分の理想に近い場所を選択したいものです。職種を変えることで、自分の向いている仕事に出会うかもしれません。とはいうものの、苦しいことも少なからずあって、転職先にふさわしい能力が必要です。言い方をかえると、あなたの技量次第で天職に就くことができる可能性も高くなる、ということです。
転職・退職の囲み記事

転職を成功させたいのなら、最初に意味のある情報収集をしておきましょう。

満足できる転職を希望しているのなら、前に情報を収集することを徹底してみましょう。そうしようと思うのならネットを見ると名前を知られていない中小零細企業にもかかわらずHPで宣伝しているところがほとんどですから、ネット検索で自分が気になる点を調べておくとそれとその企業のわからないことなどをチェックしておくと転職に役立つはずです。
転職・退職の囲み記事

看護婦という名前だった看護師は資格としてどうしてか女性比率がとても大き…

昔は看護婦と言われていた看護師というのは資格として歴史的背景から男性以上に女性が活躍している職場です。しかも、気力それから体力の消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。なので、職場の環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい職業でもあります。
転職・退職の囲み記事

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら・・

今から転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これはあなたが働いている会社側が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|「シフト制」の業務についてです。

シフトの仕事に関する話です。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休む方法については、面接時にチェックしておきましょう。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代わりに正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。
転職・退職の囲み記事

転職のための面接に希望先の会社へ赴いたときのこと…

転職時の採用面接にある会社に行ったときのことです。偶然社内の会議室や応接室が空いておらず会社の外で面接官と待ち合わせて面接が行われ、当該会場で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、なんと下車する駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中においても彼とずっと会話をしながら帰宅することとなって、おかけで緊張が解け面接より話が弾み、それが奏功したのか何事もないまま採用をゲットすることができました。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|私は以前何個かの人材紹介会社に登録していました。

私が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質も様々で大方納得のいく対応をしてくれないアドバイザーばかり。私にとってはとても重要なことことだからもっと一生懸命に向き合ってほしいという願いがいっぱいになってしまいました。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|昔から”石の上にも3年”という格言があります。

昔から日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が過去の物となっている現在、「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に考えるのは厳禁です。