転職・退職の囲み記事

転職・退職の囲み記事

薬剤師|人生で初めて転職をするのであれば、忘れてはいけないの・・

人生で初めて転職を行うのであれば、仕事を変える理由をクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。そして問題を改善できるであろう会社を決めていきましょう。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは違い、今の仕事をこなしつつ就職活動を行っていくことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。
転職・退職の囲み記事

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなか…

『転職をしたい』とおもっている方、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ただし、このときに相談という形を取ると、必ず言いくるめられます。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずにおよそ半年、予定が伸びてしまいました。
転職・退職の囲み記事

転職先を決める際、もちろん仕事のやりがいのアップと一緒・・

転職先を決める際、むろん仕事のやりがいアップと一緒に手取りが増えることも大切なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録してあらかじめ調査をしています。全く同一の会社でその上全く一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によって広い違いがある場合も数多くあり、正直なところ面接を受けた時に質問したことがあります。
転職・退職の囲み記事

転職のための採用面接では、零細企業クラスの場合概ねは人事担当者になります…

再就職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、大抵は「人事」が面接担当ですが、100%ではありません。具体的には、今後職場でかかわりの深くなる責任者、要するに管理職である部長や課長が面接する可能性も考えられます。その中でも事務・営業といったカテゴリでは、資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいのでやはり自分自身をアピールしていくことが大事です。
転職・退職の囲み記事

仕事のせいで精神的なダメージが蓄積され、転職せざるを得ない状況となったなら…

仕事のなかで精神的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人に相談ではなく自身の家族に相談したうえで、退職するか判断した方が良いです。仕事をするのは当事者である自分です。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高い報酬を得られたとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで我慢しながら延々と働くのは好ましいとは言えません。
転職・退職の囲み記事

ある古物商の社員募集にて、書類選考に受かりました。すぐ…

とある古物商の求人に応募し、書類審査に受かりました。すぐに担当者から、面接日時を教えてもらいました。けれども、当日、時間通りに行ってみると、相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。所長らしき人物が面接中も半ば聞きというか、呆れるほどやる気のなさそうな態度を見せて、淡々と面接が終了しました。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。でも、忙しく仕事を行いつつ求人情報をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神も肉体も負担がかかるといえます。転職活動中は、現在の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。
転職・退職の囲み記事

もしも再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知・・

もしも転職することを、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変することがあります。あなたの置かれている立場によっては、問題はないこともありますが、意地悪されたり、やっかみもあるはずです。また、残業時間を増やされるキケンもあるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのは注意が必要です。
転職・退職の囲み記事

転職サイトは一度登録すると、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。

転職サイトで登録したあとに、電話やメールでの連絡が何回も来ます。そのため「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが仕事だといえるので、本当に積極的な姿勢を見せます。中でも大手のエージェントは、転職を完了させると企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。
転職・退職の囲み記事

転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、かなり参考になります。

転職したい会社で会社見学などがあれば、とても勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社は、職人技を近くで見られるので楽しくもなります。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ、本来の働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの業種です。