転職・退職の囲み記事

転職・退職の囲み記事

薬剤師|数日前転職のために人材会社へ登録に向かいました。

一昨日新しい仕事先を見つけようと人材バンクへ登録をしに行きました。登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の方が見たところ大学卒業後まもない社員のようで、私が伝えたいことの50%ほどもその社員は理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが大事です」等、知ったかぶりに横柄に話すので大変不快でした。
転職・退職の囲み記事

転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動することは現在の常識かもしれません。

転職サイトや転職エージェントを活用して、転職活動をする人はますます増えています。ですが、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、加えて転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加したのなら多くの企業の情報が得られ、そして、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。
転職・退職の囲み記事

求人サイトをチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

求人サイトをチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業をスルーしてしまっていますが、そういったことをしている人は、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解している場合もあります。実際に、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理のような「事務系」に分類される仕事もかなり存在します。
転職・退職の囲み記事

就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実にもらっている年収よりも多めに申告し転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。
転職・退職の囲み記事

求人についての情報では、大部分の場合は普通の職場で…

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、普通の会社では月の給料が記載されているはずです。この月収の部分を調べれる時には、注意して確認する事が必要です。その数値だけで納得しないほうが無難です。何故かというと案件によっては、月収の金額の中身が「毎月20時間の残業」が条件になっているかもしれません。
転職・退職の囲み記事

転職を考えているのなら、事前に資格を取得しておくことをお勧めします。

転職を考えているのなら、前もって資格を取得することで有利になります。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取ると転職活動の際にそれを生かせるので、転職先を探すのが簡単になります。ですので、在任期間中が資格取得においての良いタイミングです。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の仕事に別れを告げても前向きに次に進めるはずです。
転職・退職の囲み記事

仮に再就職を考えたとしても、全てが都合よく運ぶと言い切ることはできません。

転職を考えたとしても、あらゆることが首尾よく運ぶ確証はどこにもありません。それはどっちにしろ転職をしなくてはならないなら若いうちになるべく早く行動したほうが良いです。ほとんどの場合、30代前半まではとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職そのものがかなり難しくなります。
転職・退職の囲み記事

生涯初の失業保険をもらうときに、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がかなりいますが、それは誤りです。実は、失業保険をきちんともらうためには、仕事を探していることが必要で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきにハローワークの職員と話し合いをして、真摯に就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。