転職・退職の囲み記事

転職・退職の囲み記事

転職をするときに比較的重視されるのが「面接」になります。

転職をする場合、とても重要なのが間違いなく「面接」というものです。通常の面接では、面接官が応募者に転職するに至った理由などいろんな質問が飛んできますが、そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら次は、転職希望者から面接担当の人に不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。
転職・退職の囲み記事

転職活動を行う際は、最初に常に内心が静かであること・・

転職のための活動中はとにかく、常に自分の心がスッキリしていることをとても忘れないようにしましょう。まだ辞めないで転職活動をしている場合、それほどにはないかもしれませんが、退職したら行うのだったら、人というものは心が焦燥感が出るものです。であるので、冷静になりつつ、活動してみましょう。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人…

生涯初の失業保険の給付を受ける場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が多数派ですが、それは間違いです。実は、失業保険をきちんと受け取るためには、職探しを続けていることが必要で、その上に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとに職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、真剣に仕事を探していると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。
転職・退職の囲み記事

転職を近いうちにするつもりなら、様々な企業の情報を調べてお・・

再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに色々な会社の採用情報の詳細を日常的にチェックすることが、再就職先を選ぶのにかなり役立ちます。今の仕事に不満足だと、転職活動する際、どんな会社でもいいように思えてしまします。そのような状況下では、どの企業を選択していいのか判断が難しくなり、判断を間違えてしまいかねません。
転職・退職の囲み記事

転職活動を始めるときに、まず今働いているところを辞めてから…

新しい仕事を探すのに、会社を辞めてからという考え方もありますが、そうであるならボーナスがいつもらえるのかを気にしておきましょう。ボーナスのある企業は星の数ほどありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが出る日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが支給されてから退職届を提出するという方法も賢いやり方です。
転職・退職の囲み記事

もしあなたが転職サイトを利用してあなたの可能性を広げてくれ・・

可能性を広げたいと考え、転職サイトで自身のやりたい分野のある働いてみたいと思えるような企業情報を調べているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、エージェントが紹介してくれる仕事は、一般的に公開されていないからです。
転職・退職の囲み記事

今から転職活動をされるなら、良いと思える求人(あるいは業種)…

今から転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業界)があれば、マメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」とインターネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のマイナスとなる面は、知ることはできません。もしブラックな面があるならネット検索を活用することで瞬時に多くの事例に触れられるはずです。
転職・退職の囲み記事

実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を見つけようとしていることを理解してもらわなければいけません。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることが必要なのです。ですが、現実は「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」と考えるのが本音でしょう。本気で次の仕事先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。
転職・退職の囲み記事

もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」において…

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」といった具合に、大都市から地方に移り住んで再就職したいと検討している人、実践している人が増えています。今では転職サイトを使用することで地方での求人情報もいつでも閲覧できるようになりました。郊外や地方での求人情報では、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある会社が少ないので、その点がマイナスといえます。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|女性の転職については、数年前と現在とは少し状況が変わりつつあります。

女性が転職する際、現在と一昔前では多少の違いがあったりします。一昔前は、結婚観や出産後の仕事について普通に質問されることが珍しくありませんでした。ですが、今現在の流れとしては、結婚などについては、「セクハラ」と捉えられ、質問しない企業、が増加傾向にあります。