転職・退職の囲み記事

再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。

転職活動にあたってそれなりの準備はしなければなりません。とくに、「ファッション」を大事に感じてしまいます。しかしながら、最近の面接については、形式ばらない服装を許可している会社もあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創立したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服の方が印象が良くなります。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|世の中は変わっていてスマホを見ればネット上では、いわゆ・・

近頃PCを使えばわかるけどネット上には、転職系のサイトがそこらじゅうに点在しています。その多くて困るくらいのサイトから自身が欲している転職先を見いだすにはまずは情報収集です。サイトをきっちり利用することで効率的に転職先探しが可能です。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから安易に信じるのは考えものです。
転職・退職の囲み記事

クールビズのスタイルで再就職の面接を受けに行くときには・・

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットはさすがに着込んでいく必要はないと間違いなく分かります。ですが、ネクタイは着用していったほうが間違いないです。ネクタイに関してもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考える会社もある場合もあるにはありますが、ネクタイは例えクールビズでも身だしなみとしてつけて行く必要があるとする会社がいくつか存在します。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|これから転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方・・

転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人にチェックしてもらいたいポイントが何点かあります。派遣社員と聞くと「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務をなんとなくイメージする人がおそらく少なくないとは思います。実はかく言う私自身もそう勘違いしていました。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|再就職をする時に見ることになる募集要項に関しては、参考程度に、アバウトに…

職を変えようと考えている時に注視する募集内容に関しては、基準的なものとして、アバウトに載せている、という可能性もあり得ます。なので、書かれていることはすべて間違いのないものだと安易に信頼しないほうが好ましいと言えます。中でも特に生活に大きくかかわってくる給料面に関しては、一般的な額なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?といった読みができない人はたくさんいて自らの勝手な判断で判断してしまうと、今後、後悔することもあり得ます。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職を行うにあたって、今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが・・

転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自分から退職願を出して退職する、いわゆる「依願退職」のケースでは直ちに失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|今からでも転職活動しようと思うのなら、今いる仕事・業務…

これから転職することを希望しているのなら、今いる仕事・業務の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不平が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。が、「よく考えて現在ある人間関係などの不満を列挙する」ことを大半の人はやっていません。
転職・退職の囲み記事

雇用期間中なら、可能ならば、社内の人間に気づかれないよう…

就労期間中は、出来るだけ周りの人間に悟られないよう、(自身の場合)就労期間中に転職する考えのみ早い時期に社内の人間に仄めかしたことがあります。とはいうものの、その後求人サイトを散々あれこれチェックしていったのですが、悲しいことに転職する時期などさえも計画も立てずに進めていたので、ダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。
転職・退職の囲み記事

再就職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計の事です…

再就職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計は、目を惹くタイプのものは着用をやめた方が安心です。この場合の、目立つは明らかに高価なものだったり、それとは真逆で安っぽいものの印象を与えるとか、そのような目を惹くという意味であって正反対の意味で目を惹くのだととらえておきましょう。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|派遣会社に登録した上で仕事をする人が近頃は増えてきていますが・・

派遣会社に登録して仕事をする人が徐々に増えてきていますが、労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを可能であれば面接の際に聞いた方がいいです。派遣業は、労働力を必要とする企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きする仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。