転職・退職の囲み記事

以前の求人誌では、雇用主の希望する「性別」がハッキリと記載されていました。

何年か前までの求人情報に求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。けれど今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、採用時、男女の差別をあってはならないルールが敷かれ、募集要項の中身に男女の性別を記載しないようになりました。
転職・退職の囲み記事

全くの初挑戦となる業界などに転業したいと考えている場合には・・

初挑戦の業種などに転身したいと考えているときには、自分が前職で身についた力や経験が生きるという内容の訴えが必要です。勤務経験のない分野の場合、経験していない分だけそのジャンルを経験している人よりも足りない部分はありますが、自分自身の持っている力がその場でも十分に生かせるということをしっかりと話せれば、勝負になることも考えられるのです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職活動時に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで・・

就職活動するときに注意したほうがよい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長めであるというものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースが多いのです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間や45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が併記してあります。
転職・退職の囲み記事

仮にあなたが、転職の決定したなら、完全に周りの人間には…

一度あなたが、転職の決心を固めたなら、徹底的に周りにはひそかにその気持ちがばれないように、首尾よく転職活動を進め、現職中はなるだけ会社内の人に悟られないよう普段どおりに仕事をするのが妥当です。働いている間、その状態を保っておくと、希望通りに条件にあう働き先が簡単に見つけられなくても、転職を引き伸ばしながら、今の仕事を続けても心配がありません。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|新しい職を探す際、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

転職活動をするにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼るケースもありますが、もしその種のエージェントに登録してその結果仕事を得ることができたとしても、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても給付対象にならないので気をつけなければいけません。
転職・退職の囲み記事

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、または…

今のご時世では、株式・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり、独立といった生き方も増えています。そういった移り変わりもあり、「雇用されて働く道こそが正義」といった今までの考えも変わりつつあります。高度経済成長の頃の際には、どうなるかわからない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方が賢明であり、人生の正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていた。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|大規模な転職エージェントは、潤沢な案件を持っているそれと同…

大手の「就職エージェント」ほど、いろんな案件を取り扱っているというメリットがあるといえますが、しかし、同時に転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。それゆえにあなたが、気になる案件を見つけたとしても、あなたの担当者が難しいと判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、会社から見て自分よりも有能な人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。
転職・退職の囲み記事

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を必ず準備しなければいけません。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。ほとんどの企業は履歴書及び職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大事です。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも重要です。
転職・退職の囲み記事

新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職をしました。実際に転職する前後は、長い間不安で悩みました。新卒で入った会社を数年で辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを私自身が会社を辞めたことで痛感し、いつの間にか不安が消えて、安心しました。なにより転職をしたことで自然と精神的にも余裕がでてきて、「自分の好きなこと」を考えることが毎日が楽しくなりました。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職活動で「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしていれば、面接で間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま伝えてもOKですが、転職理由についてありのままに話すのは問題です。たとえば給与の不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、採用担当者に悪いイメージを与えやすいものです。