転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職を考えている時にチェックすることになる求人情報というの・・

職を変えようとしようとしている時に注視する求人情報というのは、目安として、アバウトに書かれている、という確率もあり得ます。そのため、書いてある情報はすべて正確な情報だとは簡単に信じないほうがいいと思います。中でもとりわけ給与においては平均的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高額の給料なのか?というようなジャッジができる人は少なく、適当な判断で考えてしまうと、後から後悔することになる事もあるでしょう。
転職・退職の囲み記事

転職を行うにあたって、「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです…

転職をするために今務めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の都合により退職届を書いて退社する、いわゆる依頼退職においては直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|そのうち転職活動を考えているのなら、直近の業務での不満に思う部分を…

これから転職活動をするに当たっては、今現在の仕事・業務で感じている不満点をハッキリとさせておきましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不平が大きいから転職したいと考えているのは分かります。が、「きちんと現状である業務や仕事の問題点を書き出す」ことを多くの人はやっていません。
転職・退職の囲み記事

在職期間にあるときは、状況が許す限り、会社内の人にバレないよう…

雇用期間中は、出来るだけ周囲にバレないよう(ちなみに私自身のときは)雇用中に転社の意図のみを早い段階で社内で仄めかしたことがあります。しかし、その顎、求人サイトを見て回ったものの、結局は就職のあても時期など、無鉄砲に決まらないまま、ダラダラ時間だけが経過してしまいました。そして一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な展開を迎えました。
転職・退職の囲み記事

再就職の面接を受ける時につけていく腕時計については・・

転職の面接で着用する腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くタイプのものはつけて行かない方が安心です。この場合の腕時計で目立つものというのは明らかに高価なものだったり、というだけではありません。真逆でチープな腕時計の印象を与えるとか、そういう目を惹くという意味であって真逆の目立つ、ということで思い浮かべておきましょう。
転職・退職の囲み記事

働くのに派遣会社に登録する人が現在増えています。

派遣会社に登録した上で仕事をする人が過去の規制緩和以降、増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかをできる限り面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。
転職・退職の囲み記事

今の時代の会社や企業の雇用形態の慌ただしい変化について、働きざかりの世代の中・・

今の時代の会社や企業の労働背景の激しい変化に際して、若者の世代が特に注意してみているようです。十中八九将来を見据えた動向なのでしょう。ですから、働き手といった「流動化」が活溌になっているので、より将来、転職への関心度が高まると考えられます。この様な情勢の中、転身することはより身近なものとなっていくのでしょう。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|初めて働いた会社で怒りっぽい上司に悩みを抱え、我慢できずにその会社は辞め、…

就業していた会社ですぐにきれる上司に心をすり減らし、その結果耐えることができなくなりその会社は辞め、同じフィールドの別の会社に行くことにしました。その会社では居心地よく勤務することができ非常に充実した毎日でしたが、徐々に会社の売上が悪くなって、結局はとある会社に経営統合されることとなりました。
転職・退職の囲み記事

転職活動で大事なことは企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員…

転職活動は、希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、先ずは面接が始まるときに冷静に対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする意識で向かうと良いと思います。面接係員はまず第一にあなたの内面的な部分をチェックされるので悪い印象を与える言動は注意し避けましょう。
転職・退職の囲み記事

失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが…

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、給付期間が決まっています。離職時までに勤務していた期間によって変わり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから大急ぎで仕事探しを始めても好条件のところを探すのは至難の業です。