転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職活動は、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官・・

転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが肝心といえます。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、初歩として緊張せずに平常心で対応しましょう。お見合いをする、といった気持ちでいる向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。
転職・退職の囲み記事

失業した人がもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが・・

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって違い、90日とか120日とか決められるのですが知らないで失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから急いで職探しを始めてもろくな結果とならない可能性が高いです。
転職・退職の囲み記事

今現在の自分の仕事や勤め先に関して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今の自らの職場や業務について不服に思っていることの中に、「自身の持っているスキルや能力を適正に評価されていない」それゆえに「賃金はアップしないし、将来昇進する見込みもない」といった不満を挙げる人がかなりいると思います。とはいうものの、そんな不満を持つ人の中には、本人が自分自身の持っている手腕を実際よりも過剰評価していることが多かったりします。
転職・退職の囲み記事

転職というものを考えるとき、そこでの自身の年収を過剰に気にする人・・

転職をする場合、転職先となる職場における自分の給料ばかりを気にする人は、意外といるでしょう。大部分の方はだから生活費を給料としてもらうべく仕事に打ち込んでいると思います。とうぜん年収がどれだけかは自分の社会的な価値を知る値という見方もできるから、とうぜん大切と感じるのは当然ともいえます。
転職・退職の囲み記事

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法のからみ…

派遣というかたちで働いています。労働契約法の関係で残念ながら長期間働いた就業先での就業を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で正社員の条件をつかみ取った方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまくてお引き立てがあった様子。
転職・退職の囲み記事

仕事の面接で着用するスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の際・・

転職時の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の学生が就職活動の時に着る色が安全です。要するに、黒や紺のような落ち着いたカラー、ということになります。それは再就職のケースにおいても、着用するビジネススーツの色合いはこういったダーク色が圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者はほとんどいません。
転職・退職の囲み記事

転職する活動中に、「私は今までずっとこういった仕事をしました・・

今励んでいる転職する活動をしているときに、「私はこれまでずっとこういった価値のあるの仕事を長く続けました」「過去の仕事によって、こういった技術を得られました」とそれまでの自分自身の実績・セールスポイントをアピールする人は頻繁に目にします。が、転職先の再スタートを狙う場所で「可能ならばこのようなことをしてみたい」「斯くの如き内容の業務ならぜひ貢献したい」と未来の話をして自身を売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと厳罰を処するようになってきましたが、完全には至っていないのが現状です。そのため、面接で見破る必要が生じます。求人票などの労働条件を事前に調べ、怪しい点について細かく質問してみましょう。
転職・退職の囲み記事

初めて転職を行うのであれば、気を付けなければいけないの…

人生で初めて転職をするのであれば、忘れてはいけないのはどうして現職を辞めたいかを明確にしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが賢明でしょう。その後現在の問題を解消できそうな会社を決定していくのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事をこなしつつ就職活動を続けていくことから、時間と体力が必要になります。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|『転職したい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら…

『今すぐ転職したい!』という願望があって、自分の意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれて結局、半年以上にわたり辞められませんでした。