転職・退職の囲み記事

再就職時の面接で100%投げかけられるのは以前勤務していたところを辞め・・

再就職をする際に面接でかなり高い確率で聞かれるのが前の職を辞職した原因についてです。この質問に答える際には前職から話題をそらしたほうが賢明です。辞めるに至った経緯が的にされてしまうとどうしても良くない面を含んだ話になってしまいますから。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前職を辞めたのかという事をぜひともこちらの会社に入社したい理由があったからといった感じに持っていくべきであり、自己アピールもかねて自分が面接している会社の方に話を向けるべきです。
転職・退職の囲み記事

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職活動を経験して実感しました。私は新婚し、生活が落ちついたらなるべく早く子供がほしかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい今までの続けられれば良いなと思い就職しました。
転職・退職の囲み記事

もっと良い会社の社員になりたいと転職で活動している場合には…

違った職場がいいと転職活動をしている中の人とは「できるだけ早く、内定(採用通知)がもらいたい」と思っているはずです。しかしながら、良い知らせほしさのあまり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいはその反対に過小評価するかのような言動はゼッタイに避けましょう。
転職・退職の囲み記事

知人からの紹介を通じて転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。

友人・知人による紹介で転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。ですが、そこでの労働環境や、その他の労働条件といった点に関して知っている人からの口コミだけを過剰に信じるとトラブルになるおそれがあります。当然ながら、ある特定の人の口コミは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|20代に転職を2度行い、そして現在、資格を取る目…

20代に転職を2回経験し、いまは資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務とは違うのでやはり給料は安いのですが、ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時に資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、…

一般的に見て大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には不向きです。それに、郊外~地方となると転職のチャンスがずっと低くなります。けれども「製造業」系の場合であれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに製造工場を置いていることもはずです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|転職するときは、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが…

転職するときには、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは絶対に利用すべきです。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の報復としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、解釈を変えると、ウソばかりの投稿であれば、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。
転職・退職の囲み記事

薬剤師|職を変えると、高確率で前の仕事のは美化されるはずです。

転職した際には、高い確率で前職のほとんどの出来事は美化されます。本当のところ今の仕事に向いていないと感じたから、良い方向に進みたいとやっと退職を決め、再就職すことになったのに、気付けばなぜかわからないけれど「前のほうがよかった」と思う機会が増えてきます。それというのはそれもそのはず、以前の職では日々の業務に慣れていて、今よりも楽にまいにちの業務をこなせていたのが、もっとも根底にあるでしょう。
転職・退職の囲み記事

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される案件が豊富なた・・

転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載案件も多いので、気に入った2,3の会社を、とりあえずサイト登録しておき、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、あとは自動で案件が通知されるようにしておくと楽に転職情報を集めることができます。しかしながら、最初だけは登録するのに少々手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。
転職・退職の囲み記事

派遣会社での仕事が決まりました。

派遣での仕事が決定しました。仕事の初日に営業の担当の人と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで待ち合わせたら、担当者がどういうわけか店の前にいないので中にいるのではないかと思い店内に入っていくと、彼は驚くことに雑誌売り場でしゃがみ込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。