長年接客関係で勤務していたのですが、年齢を重ねるに・・

長いこと接客業でお勤めしてきましたが、加齢のせいか立ち続けなければいけない仕・・

  • ずっと接客関係で勤め続けてきましたが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕事は体力的に難しくなり、座って仕事ができるオフィスワークへお仕事を変えることを志して動き始めました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しくて、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人病院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃よりも帰る時間が遅くなってしまったのですが、最初の頃はキャリアの形成時だと諦め頑張ります。

  • 薬剤師|転職活動を開始するとき、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが、…

  • 転職を始める際、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、実際には『クロ』で「このままではマズイと思い、潰そう」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い内容の口コミが多く目立つのは、それだけ、入社してから不利益になる覚悟をする必要があるといえるでしょう。というか、本当に善良な会社であればトラブルは起こりません。

  • こうした話は兄の話です。就職活動を始めて新卒採用として…

  • こういう転職という話は従兄からの話です。始めに新卒採用としてなにがなんでも勤務したかった憧れの対象であるA社で行われた入社試験で、最終面接までいきながら不採用となり、それから先泣く泣く別の会社に就労しました。それから3年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時たまたまA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社をすぐ退職して、A社で派遣の就業を開始、勇気がありますね。死に物狂いで頑張ってその後憧れのA社で正社員になれて、今となっては仕事のやりがいを持ちながら明るく勤務しています。