近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許出願を行った人に加えて、「研究開発論文」を世に出した人、TVで紹介されている人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと思しき話が出てきた場合は、心当たりを考えてみてください。ここ最近は、ヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の会社は高い確率で詐欺なので、引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

このように今現在の企業の雇用に対する考え方の慌ただしい変移…

このようにここ数年の労働環境の慌ただしい変化について、働きざかりの世代の中で若者たちが特に注目しているようです。将来を見据えた動きなのでしょう。ですから、就業者といった層の労働市場の「流動化」が顕著となっているので、さらに今後、益々転職への関心が強まっていくでしょう。労働市場の「流動化」が進んでいく結果、転職することはより身近なものとなっていくのでしょう。「終身雇用制度」機能していた頃は、「転職」をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったのです。けれども、時流の変化とともに現在の会社に固執する意味が減っているように感じます。

全くの未経験である業種などに転職したい場合には、以前の会社で…

全く経験のない分野などに転身したいと考えているときには、前の業界で養われた腕前や今まで経験したことが生かせるという内容のアピールが必要です。その分野の未経験者はそれだけその分野で働いたことがある人よりも実際のところ、損にはなりますが、自分自身の持っている力がその業種でも生きるということをうまく伝えることができれば、勝負になるケースは十分に考えられるのです。ですから、未経験である業種に挑戦するときには、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性をできる限り探し出してみましょう。