転職活動で大事なことは企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員…

薬剤師|転職活動を成功させたい場合、企業そのものというよ・・

  • 転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事です。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、はじめに面接が始まる前に冷静に対応することを心がけましょう。例えればお見合いするかのような姿勢でいる向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接によって先ずあなたの雰囲気や人間性をチェックされてしまうので悪い印象を与える身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。常識的な社会人らしい面接に適した服装で向かいましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • もし、転業を決意したのであれば、あくまで周りの人に・・

  • 万一転職の決心をしたのであれば、徹底的に一緒に働く人にはそれを教えないように首尾よく活動を進めていき、転職先が決まっていない間は、徹底的に周りの人間に気づかれないようにいつもと同じように仕事をする方がとても利口です。現職中、その状態をキープしていれば、希望する条件に沿う転職先が簡単に見付けることができなくても、転身を見合わせながら、現在の職をそのままし続けてもトラブルがありません。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と話してしまうと、社内の人間は、それを受けた応対をし始めます。しかも会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人は辞める人」という位置付けになります。そういった状況のあとで、転職の気持ちがなくなり、「やっぱナシで」となっても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで仕事を続けている間、肩身の狭いと感じるリスクもあるでしょう。

  • 今、私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣の会社に登録しています。ウェブサイト上で自分にぴったりの仕事を探し出して問い合わせたところ「そのお仕事はもう他の方が採用されました」と言われて一時的にサイト上からも仕事の情報が消滅するのですが、翌日見るともう一度情報が掲載されています。ということは結局私ではよくないのっていう意味ですよね。それであれば初めから変に隠さないくらいに正直に伝えてほしいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。はたまた実際には存在しない仕事なのでしょうか?