転職時の面接の際に面接担当者から「転職の理由は何ですか?」…

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由をお聞かせください」…

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ確実に訊かれるはずです。この時に、いくら正しい意見だと思っても、前の職場の労働環境や人間関係に関しての愚痴を絡めた答えは、可能な限り口にするのは避けましょう。もしも、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを水の泡にしてしまいかねません。面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することがかなり大切で、正直な理由でなくとも、「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような未来に目を向ける形が必要とされます。
  • 転職先を選ぶ際、むろんやりがいを考慮することも大事だ…

  • 転職先を考えるにあたって、仕事のやりがいのアップと一緒にさらに年収のアップも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録していろいろと調査をしています。全く同一の会社で一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと違いがある場合も多くあって、ぶっちゃけ面接で質問したことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間も誰であるのかある程度察しがつくのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと思ってください」とのことでした。
  • 将来に目を向け、楽しく再就職に向けての転職活動と付き合う事が出来れば…

  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職活動ができれば、メンタルへの負担を抑えられるので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるはずです。しかもメンタルにも健やかであれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。そうする為には、やはり、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることです。今の仕事を継続しつつ、次の勤め先を見つけるのが良いと思います。さらに、間をおかなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。このようにしておくと、職歴にも空白期間がなく、履歴への影響も回避できます。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、転職活動を考えてみてください。