転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接の時に人事から「転職理由は?」という風に…

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。面接官から「転職の理由は何ですか?」と100%の確率で質問されます。こういった場合、「人づきあい」「労働環境」についての返事は、できる限り口にするのは避けるべきです。こういった話をしてしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスをダメにしてしまいます。面接時にはポジティブな発言がかなり大事で、たとえば「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような売り込みの形が必要とされます。

転職を行うならば、当然仕事におけるやりがいアップも大事だけ・・

転職先を決めるにあたって、言うまでもなく仕事のやりがいのアップと共に給料が増えることも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録をして事前に研究しています。同一の会社で同一の職種、社歴であるにも関わらず人によって無視できないほどの幅があることも多数あり、正直に言えば面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人も誰だろうとだいたいは予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合え・・

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合えれば、精神的な負担を抑えられるので、転職期間中の堕落も避けられます。それにメンタル面が健全であれば、じきに転職先も見つかるはずです。一番のおすすめは、やはり、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが重要です。現在の会社に勤めながら、次の勤め先を見つけるのが理想といえます。おまけに、ブランクをなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。こうすることで、職歴にも空白期間がなく、履歴も傷がつきません。要するに、転職の時に不利になることがないということです。将来を踏まえながら、転職活動をがんばってみましょう。