転職後は、大体の場合、それまでの仕事は大方の出来事は美化されます。

職を変えると、だいたいの場合はそれまでの仕事は大方は美化された記憶となります。

  • 職を変えた際には、高確率で前職での多くは美化された記憶となります。実を言えば現在の会社に合意できない点があるから、次の仕事を探してやっとのことで再就職を決めたはずなのに、過去を振り返るとなぜかわからないけれど転職した会社よりも「前の職場のほうが良かったかも」と思う機会が増えてきます。もっともなことで以前の職では仕事をこなすことに慣れていて楽に毎日仕事がたやすくできていたから、一番のというのもあるでしょう。ですが、「退職なんてしなけりゃよかった」というほど、前の会社のほうが職場環境や報酬が良い場合もあります。
  • 再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を渡された場合、…

  • 転職の面接などにおいてもし名刺を差し出された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、大方は渡す必要のないもの、と考えておいてください。面接とは仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一環なので、一般的に名刺をやりとりする場とは違います。そのうえ、あなたは会社の人間としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。ですので、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方はもらうだけで大丈夫で、担当者に相手側に渡す必要性はないと考えられます。
  • 長きにわたって接客業で仕事を行ってきましたが、歳をとると・・

  • 長きにわたって接客関係で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち仕事は体力的にしんどく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを目標にして行動にうつりました。事務未経験だとわりと厳しく、そこで接客経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰宅する時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリアの形成時期だと観念して頑張ります。