転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない・・

転職を決めるあいだは、ついつい時間がある分、だれた生活を送ってしまいがちです。

  • 転職期間中は、無意識のうちに気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。でも、そんな過ごし方はおすすめしません。人間というのは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。時間がたてばたつほど、働く気力も失い、お金が回らなくなって苦しくなり困ってしまいます。そのまま、悪いサイクルができてしまい、次の職場が決められません。再就職先を決めることができないのは、お金を第一に考えるからです。給料を最優先事項に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。
  • 転職のための採用面接では、零細企業であれば概ね「人事」が面接官となります・・

  • 転職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの場合概ね「人事」が面接担当になりますが、別のケースもあるようです。たとえば、これからともに仕事をする部署の責任者、という具合に管理職である課長や部長が面接を担当する可能性もあります。とくに事務系や営業系に転職する場合は資格などという具体的なイメージがないので、きちんと自分自身をアピールしていくことが求められます。面接担当の人たちに「この候補者はしっかり自己主張するし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことが大事です。
  • 今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動をしていく場合、…

  • 自身のスキルや資格を活かしつつ、就職活動する際は、再就職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を前もって理解しておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、慢性的に人材が不足している医療や介護系の業種がその最たる例です。医療・介護の分野では看護師や介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、売り手市場となっています。こうした業界で働く人が、諸事情によって、異業種に転職したいと思っているなら、注意が必要です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は少なくなります。というわけで、安易に考えないことが大切です。再就職を希望するなら、「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように理解しておきましょう。