転職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに…

再就職先を探している間は、ついつい時間が有り余っているた…

  • 転職の間は、どうしても、気が緩んでしまい、ダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そんな風な過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。不思議なもので、気の緩んだ、だらけてしまった生活を続けると、「精神的」にも悪影響が出やすいためです。気づけば、仕事をしようとする意欲がなくなり、経済的に困る未来がやってきます。そうなると、生活も仕事も悪循環になり次の仕事を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事を決めることができないのは、もらえるお金を第一に考えるからです。お金を最優先事項に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、止めておきましょう。

  • 薬剤師|転職の際の面接は、中小企業であれば、大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが…

  • 再就職の際の面接では、零細企業だったらおおよそ「人事」が面接官となりますが、場合によっては違うこともあります。具体的には、これから仕事をすることになる担当者、かいつまんで言えば管理職クラスである課長や部長が面接担当になる可能性もあります。特に、営業や事務に転職する際は、資格などで見極めが難しいですから、自主的に自身を売り込んでいくことが重要になります。面接官から「この男はしっかり自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をしていく場・・

  • 今の自分のスキルを武器に再就職を検討しているなら、比較的、転職しやすい業種とそうではない業界がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。転職しやすい業界は、慢性的に人手不足である医療・介護業界が代表的といえます。それぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、ワケあって、異業種に再就職したいと考えているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。なので、容易に考えないことが大切です。再就職される場合は、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。