転職候補先での会社見学に参加するとかなり勉強になります。

薬剤師|転職しようと考えている会社での会社見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職候補先の見学ができれば、たいへん勉強になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られて楽しみです。でも、「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、本当の仕事現場を見せてくれることはありません。その傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のプライドも高い業種なので、働きだしてからでないと、本当の働き方が出ません。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と考えないことが良いです。さらに、見学の時に実際に仕事体験できる会社は、かなり問題なので正直言って、良い会社とは言えません。入社していない段階では仮に問題が発生したとしても、保障が無いので、スタッフから勧められてもていねいに断るようにしましょう。

  • 一般的に見て大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから…

  • 一般的に一流企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には向いていません。加えて、都会エリア外だと転職の可能性がとても狭まります。例外として、製造業の場合、都市部でない地方の工業団地を工場を置いている可能性があります。そのような地方の工場の場合、事業を拡大する際に「人員募集」をしているので、そのチャンスに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する会社についての下調べから事前に得ておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人予定の予定はあるか、ちょこちょこ確認しておきましょう。

  • 薬剤師|転職活動をする上での最後の難関として、今勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない問題として、現在勤めている企業からの退職があります。転職先の会社から採用の内定をもらえたとしても、現在働いている企業が退職を慰留するというのもありがちな話です。そのようなケースでは、絶対に退職する、という強い意思を保つことが求められます。もしも引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。そして、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社という形をとることも就職活動において必要でしょう。