転職候補に挙がっている会社で会社見学しておけば、かなり参考になります。

薬剤師|転職先で見学などがあれば、かなり勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとたいへん参考になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られるので気持ちが高ぶります。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、普段通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどのジャンルです。この業種では、癖の強い人が多いので仕事を始めてみるまでは、本来の姿がわかりません。そのため、見学だけの仕事だと思わないことが良いです。さらに、見学時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから言語道断です。正規雇用が結ばれていない場合、もし問題が起きたとしても、それに対する保証が一切ないので、スタッフから勧められてもやんわりと断るのが無難です。
  • 大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。

  • ほとんどの場合大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には不向きです。また、田舎のほうでとなるとその見込みが少なくなります。ただ、製造業の場合、地方の工業団地付近に製造工場を構えていることが少なくありません。そういう地方の工場なら、事業分野の拡大時に途中採用する事がよくあります。そういったタイミングに転職を考えるのも悪くありません。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する企業についての予備知識をまえもって収集しておきましょう。公式サイトにアクセスして、人員募集の有無など、ちょこちょこチェックすると良いでしょう。
  • 転職活動をする上での最後の問題として、「今の会社の退職」があげられます。

  • 転職活動の最後の壁として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先を見つけても、今いる会社が退職を引き留めるというのもよくあるケースです。もしそうなってしまったら、何があっても退職をあきらめない、という強固な意思を保つことが大切といえます。もしも引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきましょう。そうして、決定権のある上司と談判し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と堂々と伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも就職活動において大事なポイントになってきます。