転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら…

薬剤師|年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、…

これから転職される人で次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は会社で社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、今の企業の都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。ちなみに、もらえる失業手当の金額は最後に働いた月の給料を軸に失業手当の金額を算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

薬剤師|転職というものを考えるとき、そこでの自分の年収ばかりを気にする人は・・

転職というものを考える際、転職先での自身の年収を過剰に気にする人がけっこう少なくありません。もちろん多くの方は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を手に入れるために励むのでしょう。とうぜん年収というのは自分自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もあるから、大切なことは当然ともいえます。しかしながら、必要以上にもらっている年収の額にとらわれすぎてしまう生き方というのも虚しい気がします。それより年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

薬剤師|就職エージェントの大手に限って、様々な案件を扱っている…

大きな転職エージェントほど、潤沢な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、その反面、競合する転職希望者もたくさんいます。したがってあなたが、応募したい会社を見つけても、転職エージェント側が「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先しやすいのです。つまり大規模なエージェントの運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いそこそこ難しいので、発想を変更して中小規模のエージェントに希望する企業や案件に関して相談し、応募できないか相談すると自分の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。