転職を行うにあたっては、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり・・

転職活動の際は、はじめに、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで…

転職活動を始める場合、まず、ネット上で求人サイトを閲覧したりしてその会社のことをチェックするのですが、その会社が情報を公表する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それをすべて信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな難癖をつけて退社できないようにしようとします。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

活躍の場を広げたいと、転職サイトを活用して自分の働き方に近い条件…

現在の仕事に不安があり、転職サイトで自らがストレスなく働ける働いてみたいと思えるような企業情報を調べているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、そのサービス内で紹介してもらえる仕事は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較にならないほどたいへん良質といえます。そればかりでなく、あなたの希望に相応しいものを調査し、紹介してくれます。だから、かなりの精度で希望するあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、ひとりの力で最初から探していくよりもとても効率はいいですし、たいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

薬剤師|転職を行うにあたり、現在勤めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが…

転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自発的に退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。よく間違って退社した日の次の日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、この規則に無理解な人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークの担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。例外として、社員側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されればすぐに失業保険を受け取ることができます。