転職を行うにあたって、「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのです…

転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する…

  • 転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮にあなたのほうから退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職においては失業保険をすぐに受け取れません。手続きをした後で失業が認められてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、実際にこの間違いを犯した人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。なお、リストラなど会社の都合で退職するケースでは、失業が認定されればすぐさま失業保険が給付されます。
  • 仮に転職活動をはじめたとしても万事うまく進行するという保証はありません。

  • 再就職をしようと考えていても思ったとおりの成果が得られるという保証はありません。それはそう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら歳の若いうちにできるだけ早く行動しておくべきです。平均的に見ると、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職結果は、相当に厳しくなります。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職を考えていても会社に残ることも選択項目から外さないほうが良いです。会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたまま時間をかけて慎重に探すほうが良い、ということです。
  • 薬剤師|転職において、とにかく今の会社を辞めてからという人もいるでしょう・・

  • 新しい職を探すのに、まずは勤務している会社を辞めてからといった方法もありますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスの支給日を気にかけておきましょう。社員にボーナスを支給する会社は多く存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをゲットできる時期が近いときには、ボーナスを手に入れてから辞めるという方法も賢いやり方です。ボーナスと言うものは随分多くの額が入るはずなので、もらわないと損ということも考えることもできるでしょうから、この職場を辞めようと思ったらボーナスが入る日を知っておくほうが得策です。