転職を成功させたいのなら、最初に意味のある情報収集をしておきましょう。

後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から徹底した情報収集が不可欠です。

  • 転職を成功させるためには、前に情報を収集することをしておきましょう。そうするには近年はどんなに小さな企業といえども公式サイトで会社のことをわかる企業が当たり前になっているので、インターネット検索であれこれをチェックしておくとそれとその企業のよくわからないことなどをチェックしておくと転職の助けになってくれます。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのもお勧めです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。転職を考えている希望の職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。
  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが、…

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、期間に制限があります。離職時までに働いていた期間に応じて異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。期間の制限ががないと思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦って仕事探しを開始しても好条件の仕事を見つけるのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった箇所はそこそこわかるはずです。場合によっては、面接時にそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 薬剤師|就職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

  • 転職時、ネットでのエージェントを利用する手段もあるのですが、たとえそういった業者に登録し、幸運にも新しい仕事をゲットできた場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワーク以外の機関を使って就職しても給付してもらえないので覚えておきましょう。なお、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就職したときは、就職のための準備金として、「一時金」を受け取ることができます。ネット上のエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険とは無関係です。このような点を知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるため、そうならないように注意しましょう。