転職を始める際、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが…

転職を始める際、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

  • 転職活動を始めるとき、様々な方法で情報を収集することが多いと思いますが、転職についての口コミサイトの利用を強くおすすめします。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、異なる視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にする必要はないはずです。でも、実際には『クロ』で「真実が書かれているので、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで注目されるので黙認しますが、よくない口コミが多いというのは、その分入社後に厄介事が降りかかるリスクが高い地雷企業であると捉えておいて問題ないと思います。そもそも、本当にいい会社であれば煙は立ちませんから。

  • こういう転職という話は友達からの話です。

  • こういう転職という話は知人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒時の就職でどうしても入りたかった最終目標であるA社の入社試験で、最終面接までいきながら内定を得られず、後に違う会社に就労しました。3年経過したぐらいに派遣の求人サイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけることができ、いてもたってもいられなくなってその時働いていた会社をすぐ退職して、A社で派遣就業を開始、思い切った行動ですね。死に物狂いで頑張ってその先無事にA社で正社員になることができ、今となっては仕事のやりがいを持ちながら明るく仕事しています。

  • 転職したい会社の見学ができれば、とても勉強になります。

  • 転職先の見学は、非常に参考になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、楽しくなります。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、日常の仕事現場を見せてくれることは少ないです。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカーなどの分野です。個人のプライドが高めな業種なので、入社してからでないと、実際の働き方が出ません。なので、仕事=見学内容と思わないことがとても大切です。加えて、見学時に実際に仕事体験ができる会社は危険ですから正直言って、「論外」です。雇用契約を結んでない人には万が一何かトラブルが発生しても、保障はありません。仕事体験を勧められてもていねいに断るほうが良いでしょう。