転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された時…

再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を手渡してきた…

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら、同じように自分も名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に迷った場合は、たいがいは渡す必要のないもの、と思っておいてください。転職のための面接は仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一部であるわけですから、大体の場合は名刺を交換する時間とは違います。重ねて、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。という事で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなた自身は名刺をもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる必要は少しもないと判断できます。

長年接客関係で勤務していたのですが、年のせいか立ち続けなければいけない仕事は…

長い間接客業で働き続けてきましたが、加齢のせいか立ったままのお仕事は体力的に耐えられないため、オフィスワークへ仕事を変えることを志して行動しました。事務の経験がないとなると簡単にはいかず、それなら接客の要素もある受付兼医療事務をしようと思い資格試験にも合格し個人の医院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時より帰りも遅いのですが、初めの頃はキャリアを形成する時期と思って我慢します。

転職活動をする際、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思います…

転職活動を行う際、いろんな方法で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは非常に役に立ちます。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の復讐としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、裏を返すと、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。あるいは、現実は『クロ』で「本当のことを書かれてしまったので、急いで炎上をしずめよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇する可能性が高くなる、とみなしていいでしょう。そもそも、良い会社だったら煙なんて立ちません。