転職の際に必須となる採用面接に関して、してはいけない・・

転職時の面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと必要以上に…

  • 転職のための企業での採用面接でのやめておいたほうがよいのは必要以上に猫かぶりをすることです。すると予想に反して逆効果です。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「残業」といったような、通常はちょっと聞きにくいことも思い切って率直に訊いておくと、最終的に間違いなく自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、結果が落とされるのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、だけども、意外とプラスに作用することは最終的にはいい場合が多いようです。この手のお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が気になっています。とはいえ、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞けないものです。けれども、あえて踏み込んでおいたほうが、「勇気のある人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。

  • 転職活動を現職と並行する人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。ただ、忙しく仕事をしつつ求人情報を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面も大変です。さらに転職活動時は、今の会社の同僚や上司に隠す必要があります。とりあえず応募する、という人がいますが、もしも、書類選考を通過し、面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識しておきましょう。

  • 今と違った企業につきたいと転職をする活動をするときの場合…

  • 新しい職場に入りたいと転職で活動している人とは「1日でもはやく、採用通知をもらいたい」と思ってしまいがちです。が、それで良い知らせを欲しいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいはその逆に自分を過小評価にしかならない売り込みはできるだけ避けましょう。焦る気持ちは抑え、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く探していきましょう。