転職の採用面接を受けるためある会社に向かいました。

転職のための面接に転職希望の会社へ向かいました。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ赴きました。その日に限って会社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで外部のとある場所で待ち合わせて採用面接を行い、当該会場で解散し、面接担当者も会社には帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が同じ。ですから電車の中においても面接担当者と一緒にお話をしながら帰ることとなり、その結果お互いリラックスして面接しているよりもお話が弾んで、それが功を奏したからなのか何の問題もなく採用をゲットすることができました。

転職時の面接でいるスーツの色は、新卒の学生が就職活動の際に…

仕事の面接で必要なビジネススーツの色合いについては、新卒の就活の時に着用する色が良いとされています。具体的に言うと、黒や紺といったダークな色味になるわけです。再就職の場面であっても、着用していくビジネススーツのカラーはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色のスーツの人はあまり見ることはありません。あえて言うならば、たまにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、だいたいは黒や紺がほとんどを占めているのです。ですから、面接担当者も黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく見えますから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

薬剤師|新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職をしました。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、とても将来のことを考え不安になりました。会社を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自身の転職を通じて知り、無意識のうちに漠然とした不安が消え、ほっとしました。1回転職をすれば、何か、気持ちが楽になり、「自分の好きなこと」を探すのことが楽しいものになりました。いまだに「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった転職を否定する意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私は転職を決断して良かったと思います。