転職のための面接に希望先の会社へ赴いたときのこと…

転職の採用面接に転職希望の会社へ向かいました。

  • 転職のための採用面接にとある会社に伺いました。たまたま会社で会議室が空いていないということで外部の会場で会社の人と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、奇遇にも自宅最寄駅が私と同じ。なので電車の中においても面接を行った人と一緒におしゃべりをしながら帰ることになって、その結果すっかりリラックスして面接よりお話が弾み、それが功を奏したのか最終的に採用を勝ち取りました。

  • 仕事の面接でいるビジネススーツのカラーにおいては、新卒の方が就活の際…

  • 職を変える際にいるスーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の時に準じているカラーが基本的です。言い換えるならば、黒や紺の暗めの色になるわけです。それが、再就職の面接においても、ビジネススーツのカラーは黒系や紺系のカラーが大多数で、黒や紺以外の色の人はほとんど見かけることはありません。それ以外だと、グレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、ほぼ黒系や紺系が圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う採用担当の人も黒や紺のスーツが違和感なく感じるので、第一印象という面ではおすすめです。

  • 新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職に踏み切りました。退職したときは、相当に将来が不安でした。ですが、会社をわずか数年で辞めて、中途採用として働いている人が大半であると私自身が転職したことで知り、いつの間にか前よりも気持ちが楽になりました。なにより1度、転職したことで不思議と肩の荷が下りたような感覚になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが前向きに過ごせるようになりました。いまだに「辞めずに続けることが普通」といった転職に否定的な意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合は転職を経験して良かったと思います。