転職のための採用面接では、零細企業クラスの場合概ねは人事担当者になります…

薬剤師|再就職の際に行われる面接というのは、中小企業だった…

  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業であればほとんどが人事担当者になりますが、それ以外の場合もあるようです。直接、今後共に仕事をする管理職、要は課長・部長などの役職の人が面接を担当することも少なくありません。中でも営業職や事務職に転職する場合は資格による見極めが難しいので、しっかり自分自身を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者たちから「この人はハッキリ主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、印象付けることが大事になります。

  • 薬剤師|今の自分のスキルや資格をふまえて再就職をするつもりなら…

  • 今の自分のスキルを活用しながら就職活動する場合、比較的、転職しやすい業種と比較的、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手不足である医療や介護系の仕事がおなじみですね。看護師、介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、様々な事情により、他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、注意が必要です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、なので、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、ほぼ確実に訊かれるはずです。このときに、どういった訳があろうとも、前の仕事場での人づきあいや働く環境についての愚痴とも受け止められる返答は、出来るだけするべきではないでしょう。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが大切です。、事実とは異なっていても、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」此の様な言い回しが担当者の心証はよくなります。