転職で面接でほぼ聞かれるのは前に働いていた会社を辞職・・

転職をする時に面接で決まり文句のように問いかけられる・・

  • 転職をする時に面接で絶対に質問されるのは前職を退職したことについてですが、このような質問になった際には話題の中心を退職した会社からそらしたほうが好ましいです。前職を退職した理由に焦点を当てると言うまでもなく良くない面を含んだ話の内容になってしまうので。どのように話せばいいかと言えば、以前働いていた会社を退職したのはこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからといった感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて入りたい会社の方に話の内容をもっていくべきなのです。転職理由でも、その会社の話であれば、マイナスではなく積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由に聞こえます。
  • 薬剤師|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの…

  • 転職するための期間中は、ついつい時間がある分、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。でも、そんな過ごし方を習慣にするのは危険です。不思議なもので、気の緩んだ、だれた生活を続けると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。ですから、いつの間にか仕事をしようとする意欲を失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。このように、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の仕事を見付けることが困難になってしまいます。転職先を決められないのは、お金を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。
  • 転職の際に必ず受けることになる面接では、小企業であれば…

  • 転職時の面接では、規模の小さい企業であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、どこでもそうとは限りません。実際にこれから仕事をすることになる責任者、かいつまんで言えば部長や課長などが面接を担当することも少なくありません。とりわけ、事務系・営業系の場合は、資格などで具体的なイメージがないので、自信をもって自分自身を売り込んでいくことがとても重要になります。面接官の誰からも「この候補者は、きちんと主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、記憶に残すことがとても大切です。