転職する活動中に、「私は今までずっとこういった仕事をしました・・

励んでいる転職する活動中に、「かつて、こういった種・・

  • 励んでいる転職する活動で「今までずっとこういった職場の仕事に従事しました」「仕事の中でこういった経験を手に入れました」とそれまでの実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしなくちゃと考える人はよく見かけます。ただし、希望する再スタートを狙う場所で「こういった仕事をしたい」「私が話したような内容の仕事なら貢献できるに違いない」と未来の姿を通して自己をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

  • 薬剤師|転職活動をしていると、面接時に高い確率で聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接においてほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。これらのうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、転職理由についてストレートに話すのは得策ではありません。転職理由でよくある給与が納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。もっとも、自分の得にならないことを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選びました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 転職時の面接にとある会社に伺いました。

  • 転職の採用面接を受けに出向いたときのことです。たまたまその会社の会議室が空いていないというわけで外の会場で採用担当者と待ち合わせて採用面接を行い、その場で解散をし、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が一緒。そのため電車の中でも面接担当者と一緒におしゃべりをしながら帰ることとなって、すっかり緊張が解け面接しているよりもお話が弾み、それが良かったのか幸運にも採用を獲得することができました。