転職するため職探しをする際に気を付けるすべき求人の募集内容は…

就職するため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人…

  • 転職するため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長めというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがとても多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、最初から給料に残業代を含んでおくということです。(ちなみに、これは合法です)もしも『みなし残業代50時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になるわけです。が、悪質な求人では、この『みなし』という言葉自体が場合もありますのでしっかり気を付けてください。

  • 薬剤師|近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティング会社も増えてきました。特許を取ったことのある人は、ヘッドハンティングの対象になることが期待できます。彼らは、特許権を獲得した人に限らず、「研究開発論文」を世に出した人、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思えるような誘いを受けた場合は、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。稀にヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、そのような業者は例外なくイカサマなので、相手しないのが賢明です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要などありません。

  • このように現代の労働背景のめまぐるしい変化に際して…

  • このように昨今の会社や企業の労働環境のめまぐるしい変化に当たって、働きざかりの世代の中で若い人たちが特に興味を持って見ているようです。それはたぶん、自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そのため、労働者・サラリーマンといった人たちの「流動化」が著しくなっているため、輪をかけて将来、これらの傾向が強くなっていくのだと思われます。「流動化」が進んでいく結果、転職は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が機能したかつては、「会社を辞めて転職」をする人は、それだけで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思い通りにいかないこともたくさんありました。けれども、時代も変わり今やっている会社のみに執着する必要も減っているように感じます。