薬剤師|20代に転職を2度行い、そして現在、資格を取る目…

20代の時点で転職を2回し、そして今、資格取得のた…

これまで20代前半に転職を数回経験し、そして現在、資格を手に入れたいので「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務を選択しなかったので給料は過去の仕事よりも少ないです。しかし、以前より心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際にそのような人を見てしまうと無性に羨ましく見えてしまいます。昔の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリすることもありました。しかし現在は、結婚を経験し、随分と生活環境が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。

新たな職場で今までに培ってきたスキル・キャリア生かせれば・・

新たな職場にて過去のスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として高く評価されて、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。雇い主側も即戦力となる人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。加えて過去の仕事内容と似た内容であれば転職自体は簡単にいくはずです。ですが、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手の事務職、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、時代や景気に関係なく相当な競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

転職前、今の会社にいる人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、…

再就職の前に、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知ると雰囲気がガラリと変わるかもしれません。働く環境次第では、意地悪される可能性もあります。さらに、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そういった状態を避けるために、今の職場では、真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、気持ちよく仕事を辞められます。また、何の問題もなく円満退職になれば、辞めた会社に相談ができる機会も出来ます。規模や業種に関係なく、どういった企業であっても、人とのつながりはとても大事なので、会社を辞める時のトラブルは控えましょう。