薬剤師|長年にわたって接客業で働き続けてきましたが、加齢とともに…

薬剤師|長期間接客業で仕事をしていたのですが、歳をとると共…

長年にわたって接客業でお勤めしてきましたが、年をとったせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にハードなため、オフィスワークへ転職することを頭に入れて動き始めました。事務未経験となるとなかなか厳しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取り個人クリニックに転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係が大変。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰宅時間も遅いわけですが、最初はキャリアを形成しなければいけないと受け入れ頑張ります。

転職活動を行う場合、いろんな方法で情報を収集することが多いと思います…

転職をするにあたっては、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、転職についての口コミサイトはとても役に立ちます。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の報復としてそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、別の視点から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。しかし、実態は『クロ』で「これではいけないと思い、一刻も早く火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、よくない口コミが多いというのは、その分トラブルが発生する可能性も高いとみなしていいでしょう。そもそも、本当に善良な企業であればトラブルは起こりませんから。

この話は兄の話です。就職活動を始めて在学中の就職活動で…

このような話は兄の友人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒採用にてどうしても就職したかった憧れの対象であるA社で行われた最終の面接で不採用になって、後に泣く泣く他の会社につきました。そのあと3年経ったぐらいに派遣の求人のサイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見して、どうにかしたくなり当時の会社をすぐさま辞めて、A社に入って、派遣の業務を始めて、思い切った行動ですね。真剣に頑張ってその結果なんとかA社で正社員登用され、現在は仕事のやりがいを感じながらいきいき勤めています。