薬剤師|退職と転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

薬剤師|転社を度々しないための術が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。今現在は、インターネットがあるのでメンタル面を強くするヒントはカンタンに知ることができます。また、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。その最たる例は「海外旅行」ですね。海外は、言葉も文化も大きく異なるので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。日本に戻ってくると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、今までの面接とは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかし、退職後しばらくの間は精神面が弱くなっているので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。
  • 薬剤師|職を変えた場合には、高い確率で前職の多くの記憶は美化されます。

  • 仕事を変えると、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事は美化されるものです。本来は現在の職務に自分に合っていないと感じたから、そういった思いをどうにかするために、せっかく新たな職に就いたのに、過去を振り返るとなぜか「前のほうがよかった」と思う機会が増えてきます。というのも極めて普通のことで、前職では日々の仕事に慣れ切っていてきちんとやるべき業務があっさりとこなせていたのが、もっとも理由にあるでしょう。だが実際は「やっぱり転職なんてしなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、前職のほうが環境ややりがいがある場合も考えられます。
  • 転職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきた…

  • 再就職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された場合、同じように自分も名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と悩んだ際は、たいがいは差し出す必要のないもの、と理解しておいてください。転職のための面接とは仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、一般的に考えて名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなたのほうは受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手に渡すことはないと言えるのです。