薬剤師|退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。

  • 転職を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返しません。今では、インターネットがあるのでメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は満載になっています。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職と異なる行動をする事もメンタル面を強化することができます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外は、言葉も文化も違うので、逐一、勉強になります。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。こういった気持ちの状態で、面接に向かうと、今までの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。しかし、退職間もないあいだは、精神的に弱っている人が多いので適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。

    薬剤師|転職した際には、高確率で前の会社の仕事の多くの記憶は美化されます。

  • 転職した場合には、大体の場合、それまでの会社の仕事の大方の出来事は美化されます。本当のところ現在の仕事内容に合っていないと思ったから、良い方向に進みたいとせっかく再就職すことになったのに、気がつくと、不思議なことに転職後の会社よりも「前職のほうが良かったかも」と思う機会が増えてきます。それというのは極めて自然なことで、前職は仕事をこなすことに慣れきっていて今よりもすんなりと日常の業務があっさりとこなせていたからというのが一番の理由にあるはずです。しかし、「やっぱり転職するんじゃなかった」と本気で感じるほど、過去の会社のほうが全体的な雰囲気や待遇が良いケースも考えられます。

    再就職における面接などに関して担当者に名刺を渡された場・・

  • 再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、たいがいは差し出さなくても良いと知っておくと良いですね。転職のための面接というものは仕事内ではなくて、就職活動の一環です。ですから大方は名刺をやりとりする時ではありません。合わせて、あなたは会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。それゆえ、相手側から名刺を渡されたとしても、あなたのほうは受け取るだけでよくて、面接担当者に相手にあげる責任はまったくないと言えるのです。