薬剤師|近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、社名が公開されるなど、不利益を被る流れができてきましたが、完全には程遠い状況です。そこで、面接で見破る必要が生じます。求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それらを使っていろいろと質問をぶつけましょう。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げの姿勢に入ります。給与や残業や休日に対しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せることが多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、変だと思ったら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

看護師という職の人の違う職業に転職の原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

看護師という職業の人のそれと違う仕事に転職の原因は人によって違うはずです。どういう理由が多いかというと看護師が他の職業への転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産と子育てなど、さまざまな環境の変化など、今までと同じようには今の仕事を続けられなくなっている」「今の収入面で不満を感じている」といったような理由が抱えているのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度リラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すこともやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」ともう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。

薬剤師|勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、…

勤め口を探していたころかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルも本当に色々でほとんどの場合、いまいちだと感じるアドバイザーでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと誠意を込めて臨んでほしいという気持ちが膨れ上がりました。それが理由でキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。その資格を取るためにはお金も必要だったし資格取得のための勉強の面もかなりハードではありますが、仕事を探している方から頼ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。