薬剤師|転職活動時に注意したほうがよい募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで・・

転職するため職探しをする際に注意が必要な募集内容は…

  • 転職のため仕事探しをする場合に注意すべき求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがたいへん多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間が併記してあります。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、給料形態に残業代を組み込むという仕組みです。(ちなみに、これは違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代25時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という求人になります。ですが、悪質なブラック系の求人では『みなし』を記載していない場合もありますので要注意です。
  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

  • 近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。特許を取った経験のある人は、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何らかのインパクトがあった人を対象に、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような連絡があったときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する会社もあるらしいですが、その手の業者はむろん詐欺ですから気を付けましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。
  • 今現在の雇用事情の激変ぶりに際して、全世代の中で若い人・・

  • このようにここ数年の労働背景が目まぐるしく変わってきたことに際して、全世代の中で若い人たちが特に注意してみているようです。おそらくは、自らのキャリアアップと転職とを考えているのでしょう。そのため、労働者・サラリーマンなどの労働力の「流動化」が顕著となっているので、加えて、今後、益々より広い世代で転職についての関心度が増加すると思われます。労働市場の「流動化」の影響により、転職することは一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、転職者にはれだけで良くないイメージがつき実際に転職するのが難しい時代でもありました。ですが、社会的な変化とともに今現在の会社のみに執着する必要もあまりなくなったように思います。