薬剤師|転職活動を行う際の最後に残る難関として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

薬剤師|転職活動をする際の最後の難問として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後に残る難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先が採用の内定を出しても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと引き留めることも珍しくありません。そうなった場合、どうあっても退職する、という強い意思を維持することが大切です。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。その後、決定権のある上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」をすることも転職活動の大事なポイントです。

    転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。

  • 転職サイトに登録した場合、電話・メールが執拗に掛かってきます。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、非常にびっくりすることが多いです。転職エージェントは転職を助けることが目的とされるので、とても積極的な姿勢を見せます。中でも特に大手のエージェントは転職させると企業側からお金が支払われる仕組みといえるので、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。加えて、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出るとすかさず、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように注意を払うことが必要です。

    薬剤師|これまで20代前半に転職を数回経験して、そして現在…

  • 20代に転職を2度経験して、現在、資格取得のため、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても給料は以前よりも少ないです。以前より心と時間的な余裕ができました。学生時代に資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。実際、そのような人を見ると自分もああなりたかったと見えたりもします。以前まではそれなりに成功している人と自分を比べ、劣等感を感じていましたが、しかし、結婚を経験し、がらりと生活そのものが大きく変化し、前よりも将来の目標も決まり、充実した日々を過ごせています。