薬剤師|転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。

薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。でも、忙しく働きながら求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは心身ともに負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、今の仕事の同僚や上司にその動きを悟られないようにしなくてはなりません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、直接応募していたとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自身の貴重な時間を捨てることにもなりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しなければいけません。
  • 今と違った企業がいいと転職活動をしている場合、「1秒でも早く…

  • 転職をする活動をするとき、「1秒でもはやく、採用通知が手に入れたい」と思っているはずです。しかしながら、そういう気持ちで良い知らせが欲しいあまり、自身の能力を高く偽ったり、あるいは逆に過小評価につながることは、ぜったいによしましょう。焦る気持ちはガマンして、冷静に客観的に考えながらあなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 転職した場所では、すぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐは年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。入社したはじめの年度は、おおむね試用期間を入っている企業がケースが少なくありません。私自身の転職して新たな仕事をした時は、苦労して手に入った職場なのに、期待に反して前の会社での稼ぎとあんまり同じということがありました。そのうえ、仕事は多様で忙しく、重大な責任を伴い、初年度を越すのも本当に労力を伴いました。そのような現実を踏まえると、1年目はいわば勉強の期間と割り切って、出来る限り転職前にお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。