薬剤師|転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事をしつつ求人案件をチェックして応募したり、面接を受けるのは心身ともにハードです。加えて、転職活動中は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考が通ってしまい、面接前にキャンセルすると面倒な事になるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく直接応募していたとしても、相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しなければいけません。

薬剤師|違った企業の社員になりたいと転職をする活動をするとき…

今と違った会社がいいと転職活動をしているとき、「できるだけはやく、内定をもらいたい」と思ってしまうはずです。ですが、吉報を欲しいあまり、自身の能力を高く偽ったり、逆に自分を安売りするような行動は可能な限り避けましょう。焦る気持ちはブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに専念することが重要なのです。これまでの経歴が生きるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を見極めましょう。

仕事を始めてすぐは「年収」を高望みしないほうが無難です。

職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。ことさら、一年目の段階では大体「研修期間」が入っている会社が可能性は少なくありません。自らの新たな仕事に就いたときは、どうにかして手に入った職場なのに、期待に反して前の職場での年収とあんまりイコールということがありました。また、仕事はキツく、とても責任のある立場で1年目を乗り越えるのにものすごく苦労しました。そうした経緯から転職1年目は、仕事を覚える時期として捉え、十分に転職する前にお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。