薬剤師|転職活動をしている際に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

転職活動をしていて面接時に必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしている際に、高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち「志望動機」は、そのまま話しても大丈夫ですが、これとは違い「転職理由」をありのまま話すのはキケンです。転職理由でよくある収入面の不満、上司や同僚との人間関係などそういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、「入社したなら、〇〇を目指したいです」、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

転職における採用面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。

転職時の面接にとある会社に赴きました。たまたま社内の会議室が空いていないとのことで外部の場所で面接担当者と待ち合わせて採用面接が行われて、その場で解散をし、面接をした方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、偶然にも自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車内においても彼とずっとおしゃべりをしながら帰ることになって、おかけですっかりリラックスして面接より話が弾み、それが奏功したからなのか最終的に採用を掴むことができました。

転職の面接でいるビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の・・

転職の面接でいるスーツの色味については、新卒の就職活動の際に身に付ける色味が良いです。要するに、紺色や黒色といった暗めの色になるわけです。再就職の場面でも、着用するビジネススーツの色は新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的に多くて、黒色や紺色以外の色の人はほぼ見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても黒や紺が大多数なので、人事部から見てもそのような色であるほうが違和感なく感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはおすすめです。