薬剤師|転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。

転職活動を現職と並行している人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人が多いです。ですが、仕事をしながら求人情報を調べながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面も苦しいものがあります。現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、自身で直接、応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておきましょう。

もっと良い会社につきたいと転職活動をしている場合・・

今と違った企業の社員になりたいと転職をする活動中の場合には「はやく、内定(採用通知)を手にしたい」と思ってしまうものです。ですが、そういう気持ちで通知ほしさのあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、あるいはその逆に過小評価するかのような売り込みは出来るだけしないでください。焦る気持ちをグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く探していきましょう。

薬剤師|転職しようと思うなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

転職先にて、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、転職して1年目はほとんど研修期間が含まれているというのが多かったりもします。私の転職したときは、苦労の末手に入った職場なのに、悲しいことに年収が前職と大方同じでした。そのうえ、業務はかなりキツく、たいへん責任が伴うものだったので、初年度を乗り切るのにたいへん状態でした。そのような体験から初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、状況が許す限りやれるだけ転職前に貯金しておくことに尽きると思います。