薬剤師|転職活動で「志望動機」「転職理由」の2点は高い確率で質問されます。

転職活動をしている際に、面接のときに間違いなく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていれば、面接のときに絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これと違って「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。転職理由でよくある報酬に関する不満、人間関係に対する不満など、面接官に悪い印象を持たれるものです。過去のトラブルを開けっぴろげに話す人は少ないとは思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、慎重に質問してくると考えておくべきです。悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この企業に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

  • 転職の面接に希望先の会社へ向かいました。

  • 転職のための採用面接に転職希望の会社へ出向いたときのことです。たまたまその会社の会議室や応接室が空きがないとのことで会社外部で面接担当の人と待ち合わせて面接をし、その場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。なので電車内においてもずっとお話をしながらいっしょに帰宅することになり、その結果お互いリラックスして面接よりお話が弾み、それがプラスに働いたのか無事に採用を勝ちとることができました。

  • 薬剤師|仕事の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動・・

  • 仕事の面接でいるスーツの色に関しては、新卒の方が就活の時に着る色合いが一般的となっています。要するに、紺系や黒系などのような暗い色味になります。それが、再就職のケースであっても、ビジネススーツのカラーというのは新卒の就活の時のようなカラーが多数で、そうでないカラーの人はほとんど見かけることはありません。それ以外の色と言うと、グレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、ほぼ黒や紺色のスーツ派がほとんどを占めているので、採用担当の人も黒とか紺のスーツを着ている人が自然です。ですから、見た目の印象という面ではそのようにする方が好ましいわけです。