薬剤師|転職先を探している間は、自身の趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活をしてお…

転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすことに加・・

転職期間のあいだは、自分の好きなことに没頭するほか、体力を低下させないようにしておくとベストです。勤務先が見つかり、復帰した際に、趣味に打ち込んでいたおかげで気付かない間に集中する力が上がります。さらに体力アップしていることで他の社員たちと比較するとスタミナがあると自ずと認識することができます。ということで、休職中は自分の趣味に力を入れることと、体力アップを図ることをしておいて損はありません。そして、その職場のなかで同じ趣味の方がいれば、話題に花が咲きます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

転職活動をされるなら、良いと思う求人(職種)を見た際に…

転職活動をされるなら、気になった求人(OR 業界)があれば、絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索でチェックしておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントでは、業界のマイナス点は、知ることができる確率は低いです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、インターネット検索を活用することで瞬時におおまかな実態を理解できます。そういった手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとで入ったことを後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出されていた理由が「内容がきつく、人が定着してくれない」ということも少なくないため、目に留まった業種について、注意したほうがいいです。

そのうち転職やることに当たっては、今現在の業務での納得いかない部分、不満に思う部分を…

そろそろ転職活動を希望しているのなら、今いる業務で感じている不満点を明確にしておく必要があります。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不平があるから転職しようと思っているはずです。でも「きちんと人間関係などの客観的にみた問題点を列挙する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできるでしょう。