薬剤師|転職の際に外せない会社の面接に関して、してはいけない…

転職候補となる面接で勘違いしている人が多いのですがあからさまな…

転職を成功させるための企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが無理に猫をかぶることは正直なところ不採用となる可能性が高いです。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「残業」といったような、普通であればかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を勇気を出し率直に聞いておくと間違いなくあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると面接で不採用になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。ところが良い印象を持ってもらえることは最終的にはいい場合が多いようです。このような労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。その反面、多数の人が気を遣いモジモジして質問できません。けれど、一歩踏み込む勇気があれば「こいつは他と違う」ということで格好の自己アピールとなるのです。

転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。ですが、仕事をしながら求人案件案件を調べながら応募したり、面接に挑む、というのは消耗が激しいです。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、書類選考が通ってしまい、面接の段になって辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり直接応募していた場合も応募した会社からしつこく電話やメールがあることもあります。自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておきましょう。

違った企業につきたいと転職をする活動中の人というのは…

新しい企業につきたいと転職活動中の場合は「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)が手にしたい」と思っているはずです。ただ、そのために採用通知を欲しいばかり、自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは対称的に能力を安く見積もったマネは可能な限り避けておきましょう。大事なのは焦燥感をブレーキを掛けて、落ちついてあなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く見極めていきましょう。