薬剤師|転社を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

薬剤師|退職と転職を度々しないためにすることは一つだけです。

  • 転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を鍛えるコツは誰でもカンタンに拾えます。そんな、時に転職以外の行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。オススメは、「海外旅行」です。海外に旅行に行くと文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、今までとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職直後は精神面がダメージを受けやすいのでこれからのために休業期間も必要です。
  • 職を変えた際には、大体の場合、以前の会社の仕事の出来事は美化されます。

  • 転職した際には、高確率で前の仕事でのたいていの記憶は美化されます。実際には今の待遇に不服があるから、そういった思いを解決するためにどうにか退職を決め、再就職したはずにもかかわらず、しばらくして過去を振り返ると、不思議なことに「前職のほうが良かった」と感じることが増えてきます。というのも極めて普通のことで、前の職場では仕事に慣れていて、今よりも苦労なく与えられた仕事も淡々とできていたからというのが大きい理由ですが、ですが、「やっぱり転職しなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、以前の職場の方が労働環境や、人間関係が良い場合も考えられます。
  • 薬剤師|転職の時の面接などの際にもし名刺を差し出された場…

  • 再就職の面接などにおいて担当者が名刺を渡してきた場合、あなたも名刺を相手に渡す必要があるのかどうかと対応の仕方に迷ったら、大体の場合は渡さなくても良いと思っておきましょう。転職のための面接とは仕事の一環ではなく、採用活動の一環なので、大体は名刺を交換する時とは異なります。加えて、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。なので、もしも相手から名刺を渡さても、あなた自身は名刺を受け取るだけで大丈夫で、相手に渡す責任は必ずしもないと言えます。