薬剤師|職を変える際の面接での身なりは企業側からクールビズで来てくださ…

転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでお越しくだ・・

  • 再就職の面接において会社側からクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようです。ですが、クールビズで面接を受けるのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思いがちです。そういう悩みを背負いこんでいる人に進言したいのは、クールビズOKだと言われた面接なら、伝えられた内容を実行したほうが確かです。迷いすぎてしまい、汗をかく季節にスーツを着込んでいくと不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。

  • 薬剤師|『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなか・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、将来の進路がハッキリしているのなら、退職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。なぜかというと、このときに相談といった形で話を持ちかけると、高確率で言いくるめられるので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。辞めたい旨を最初、直属の上司に相談したのが年度末で、実際ではなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本音は年度末いっぱいで辞めたかったです。うまくいきませんでした。やはり職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、スタッフの要望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに職場に対して愛想が尽きました。

  • 薬剤師|趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は要注意です。

  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は要注意です。これは、私が経験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きで以前は、飲食の世界(レストラン)で勤務していました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係にとても悩まされました。そのことが引き金になって、退職しましたが、その結果、大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことです。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に向き合ってから行動するべきです。