薬剤師|職を変えると、高確率で前の仕事のは美化されるはずです。

転職したケースでは、だいたいの場合は以前の会社の仕事の…

職を変えると、大体の場合、以前の仕事での多くは美化された記憶となります。本当のところ今の仕事が不満を覚えるから、次の仕事を見つけて再就職を決めたはずなのに、気が付けばなぜか転職後の会社よりも「前のほうがよかった」と感じることは多いです。それというのは至って自然のことで、前職では仕事に慣れ切っていて今よりも簡単にやるべき仕事がたやすくできていたのも一番の大きい理由ですが、だが実際は「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と本気で後悔するほど、前の会社の方が仕事に対してのやりがいや待遇が良いケースも考えられます。

転職における面接などに関してもし担当者に名刺を手渡された・・

再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に差し出すべきであるのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大体は差し出すことはないと考えておいてください。面接においては仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、一般的に名刺をやりとりする時間とは異なります。加えて、あなたは会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらにおいては受け取るだけでよくて、面接担当者に相手に渡すことは少しもないと考えます。

薬剤師|長く接客関係で仕事を続けてきましたが、年をとったせいか…

長年にわたり接客関係で勤め続けてきたのですが、歳をとるにつれ立ったまま行う仕事は体力的につらくて、座り仕事である事務の仕事への転職を目標にして活動をしました。事務未経験の場合なかなか採用してもらえず、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格試験にも合格し個人の医院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業時代よりも帰宅時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアを形成しておかなければいけないと受け入れて頑張ります。