薬剤師|経験したことがない分野などに転身を行う際は、前の職場で、自分…

全くの未経験である業界などに職を移そうとするときに・・

  • 全く経験したことのない業界とかに転業したいと思っている場合には、自分が前職で養われた能力や今まで経験したことを発揮できるという内容の自己主張が必要です。その分野に勤務したことがない人は未経験の分だけその業種の経験者よりも正直、損にはなりますが、自分が保持している能力がその分野でも十分に生かせるということを伝えることができれば、勝負になるケースは十分にあります。ですので、経験のない分野に挑戦するときには、その分野と前の職場でやっていた仕事との関係を必ず考えましょう。

  • 薬剤師|女性の再就職に際して、数年前と現在とでは若干の違いがあるようです。

  • 女性が再就職する場合、近年と一昔前では多少、状況が変わりつつあります。前までは面接の際に、結婚と出産についての考え方などのことに関して、一般的なこととして女性たちへ質問していました。ところが、今の社会では、結婚や出産などについては、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞かれないことの、ほうが増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社ほど、タブーとして神経質になっているといいます。が、会社側としては、YES・NO、だけでなく、その人の人生観、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているものです。自身の将来設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら伝えることで、面接官のモヤモヤも解消できると考えます。たとえ、聞かれていない箇所についても、先にあなたの側から率先して答えておくとよいでしょう。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が規制緩和以来、増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して働いている人が徐々に増加する傾向にあります。派遣先が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをなるべく面接の際に確認しておきましょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収する仕組みです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらされないところも多く、ひどいものだと2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも少なくありません。面接の際にきちんと答えない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけ違う派遣会社で登録されることをおすすめします。