薬剤師|私は以前何個かの人材紹介会社に登録していました。

私が仕事を探していた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していました。

かつてかなり多くの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルが多様で大方は適当な対応をする人ばかり。こちら側は人生かかっているのにもっと心して臨んでほしいという想いがこみあげてきてしまいました。それが契機となり私はキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。資格取得にはコストも必要だったし勉強面においてもとても大変ではありますが、就活中の人に頼ってもらえる人間になるために頑張っています。

薬剤師|転職活動の際、「自分は今までずっとこのような職場の仕事を長く続けまし・・

今やっている転職する活動の際、「自分はこれまでずっとこのような種類の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を手に入れました」と過去の自分の成功体験などを強調してアピールする人はしばしば見かけます。でも、志願しその企業で「近いうちにこのようなことをしてみたい」「私が触れたようなことであれば貢献できると思う」と将来的なビジョンで自身を売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職活動をしていると、面接において間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていて絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由についてそのまま話すのはよくありません。たとえば待遇に納得できないことや、上司とそりが合わないことなど、採用担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。