薬剤師|看護師でありながらそれ以外の職業に転職の原因はその人それぞれです。

看護師でありながら転職を決断する理由は、人によって違うはずです。

看護師の他の職に「転職しよう」と思う原因は人それぞれではないでしょうか。さまざまな理由がありますが、看護師が他の仕事への転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで一人とは変わって出産それから家族の介護など、さまざまな環境の変化など、今までのようには働けなくなってしまった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、転職を決断する前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして冷静に、現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してから決断されることを強くお勧めします。

自らが仕事を探していた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだ…

以前は割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質においても多様でそのほとんどは満足できない感じるアドバイザーばっかりでした。こっちは人生がかかっているのにもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという願いが積もり積もってそれが契機となりキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。その資格の取得は支出が増えましたし勉強の面においてもとても大変ではありますが、仕事を探している人たちから担当者があなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

今がんばっている転職する活動をしているときに、「私・・

今がんばっている転職する活動をしているときに、「私は今までずっとこういう内容の仕事をがんばってきました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を手に入れました」と過去の自分自身の実績などを強くアピールする人は少なくありません。しかし、転職希望する再スタートを図る会社で「このようなことをしてみたい」「このような事ならできれば貢献したい」と将来的なビジョンでアピールする方が過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。