薬剤師|生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている人…

薬剤師|生涯初の失業保険をもらう際に、何もしなくても給付されると思っている…

  • はじめて「失業保険」を受けるとき、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が大多数だが実は、失業保険をきちんともらうためには、求職活動を行っていなければならず、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンで担当者に求職活動の状況を報告して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。他方、真面目に仕事を探そうとしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談を欠席した場合は、ルールとして給付してもらえなかったり、その後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために注意しておきましょう。
  • 薬剤師|クールビズで転職の面接場に出向く場合、いくらなんでもジャケッ・・

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接に臨む際には、さすがにジャケットは着なくても良いと言えます。ですが、ネクタイにおいてはして行った方が間違いありません。タイの着用はなくても良いと考えている企業も存在するとは思いますが、ネクタイだけはクールビズでも身だしなみとしてつける必要があると考えているところがいくらかあります。そういった訳で、例えクールビズのスタイルであってもネクタイだけはつけて面接した方が安心だということは分かっておいてほしいです。
  • 就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。面接時には、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は後からバレてしまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。