薬剤師|派遣会社を通して働く人が一昔前の規制緩和以降、増えています。

派遣会社を通して働く人が規制緩和以来、増えています。

派遣会社を利用して働く人が近頃は増加しています。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割が自分に入るのかを極力面接の際に確認しておくべきです。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価として手数料をもらうシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、悪い派遣会社では、8割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないということも珍しくありません。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、可能な限り別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

薬剤師|数年前は求人誌では、募集要項の中に「性別」につい…

前の求人誌には、性別が記載されているのが一般的でした。けれども1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、雇用において、男女差別がしてはいけないルールが決まり、応募条件内に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す企業は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。実際、男手が希望の会社に女性の応募が殺到したり、逆に女性希望なのに、男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」といった内容の案件は、女性を希望しているのだと読むのが確実でしょう。

あなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」におい…

もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと思っている人が、近年増えています。この頃は求人情報サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。けれども、地方での求人に関しては、都心のような選択肢は期待できないので、その点がマイナスといえます。ですので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよく確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している転職サポート系のイベントについても見逃しがないようにしましょう。